自分だけのカスタムハーレー

カスタムでシートを変えたい

施術箇所

ハーレーはカスタムすればするほど自分好みのバイクになっていきます。デザイン重視の人なら見た目のかっこよさや可愛さ、乗り心地重視の人なら機能性を向上させられるようにパーツを変えていきます。

初心者はウィンカーやミラーからカスタムを始めることが多いですが、そこまで上達してきたらシートも変えてみた方がいいです。純正でもいいですが、周りがデザインが高いものになっていくのに、シートだけそのままではやや寂しい印象になります。パーツの中でも個性が出るパーツで、ハーレーの車体のラインを美しく見せるのにも欠かせないものです。

交換時はデザイン性はもちろん、クッション性と足つきを確認することが大切です。人気があるクッションは、座面がフラットで薄めのものです。アンコ抜き(スポンジ抜き)をすると薄くすることもできます。車高が低くなってローダウンスタイルになってカッコいいのですが、薄すぎるとロングツーリングの際にお尻が痛くなるので短距離メインの人に適した方法です。足つき性は、特に女性ライダーや身長が低い人が考えておきたいポイントです。疲れにくさや安全性に関係してきます。足つきを良くするには、薄めのものがいいですが、クッション性が失われてしまうことがあります。ものによっては厚くても幅や形状を工夫して足つきが良くなっているものもあります。

目指すスタイルや選んだハーレーのファミリーによってて期するものが違うので、使いやすいかどうかを確認して変えるといいでしょう。